Sleepless NightS

全力モラトリアムおたく

Hello,

Everythig stars shining so bright to draw the new age.

実習 第2弾も

終わりました。


始まる前は不安で仕方なかったけど、終わってみるとあっという間で、子どもたちともっとお話ししたかったな。みんな大好きだよ。


先生方もとても温かい方ばかりで、実習を楽しんでね!とありがたいお言葉まで。この先生方がいなかったらここまで成長できなかった。


いろいろ悩んで、ひとつ答えを出して実習に臨んだけど、やっぱりどうしても後ろめたさがあって、裏切るというわけじゃないけど、罪悪感に押しつぶされそうで。


でも最後の日に子どもからもらった手紙に「やさしいせんせいになってください」って書かれてて。ごめんね。すぐにはなれないと思うけど、たくさんの子どもの笑顔を守れる人になるよ。


もしかしたら居心地よくて、先生という道から離れたところで頑張るかもしれない。毎日忙殺されてるかもしれない。それでもあなたがくれた言葉、思い出して、絶対絶対頑張るからね。


辞めようと思ったけど、ここまで頑張って良かった。自分で自分を褒めてあげられる人間でありたいと常々思うけど、今回は本当に褒めてあげたい。よく頑張ったね。たくさん考えることができて良かったよね。

でもこれからが勝負だよ。


10年って途方もなく長い時間のように思うけど、わたしが小学校を卒業して今日まで10年なわけで。鼓笛の練習を頑張ってる彼らが今の私の歳に追いつく頃だね。胸を張ってあなたたちに会いに行ける人間であれますように。


実習は終わったけど、これからやらなきゃいけないことはたくさんあるから、一つひとつ丁寧にこなしていこう



たくさんのひとに、本当にありがとうございました。