読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sleepless NightS

全力モラトリアムおたく

Hello,

Everythig stars shining so bright to draw the new age.

同級生

アニメ映画化?!と驚いてたのがついこの間のよう…(加齢とともに加速する体感速度)

入場者特典の小冊子ぜったい欲しい!できるだけ早く観に行かねば!…と思ってたけど既に1週目の特典しおりが初日で無くなってわろた、ふじょしそんなにいるのですか…(???)


無事に小冊子はゲット😂💕

卒業証書は一昨年?の原画展で買ったやつ。

小冊子は時系列的に
O.B.2→特典→「ハッピーエンド2」(卒業証書 or 卒業アルバム増補版に収録)
だから、前後は読んでたほうがもっと内容味わえると思います〜〜〜


今回も影たそが一緒に観に行ってくれました!!忙しいなかありがとう〜😭 キンプリ応援上映も共に乗り越えた戦友みたいに(勝手に)思ってるよ………。


余談だけど今日も「黒崎くんの言いなりにはならない」と「ずっと前から好きでした。」の予告流れて、私この予告何度見てるんだろう…(キンプリ的な意味で)


女の子キャラ「突然ごめんね…!」
私・影たそグゥwwwwwwwwww」 (応援上映でのオタクたちによるフラッシュモブばりの応援を思い出し吹き出す)

脳内でエリートたちの応援が再生され続けて、本当にキンプリって麻薬だなと思いました(余談 〜完〜)



原作あるわけだしあんまりネタバレ〜とか無いけど、内容知りたくない方は以下ご注意を。



まずタイトル、明日美子先生が書いてらっしゃる?と思うくらい明日美子フォントでびっくり(エンドロールには オープニング演出: 中村明日美子 ってなっていたような)。


BGM、劇中歌、SEどれも同級生ワールドにぴったり寄り添ってくれる音楽で。心地よいゆったりとした時間を過ごせたのは音楽の力が大きいと思う。個人的にはSEがところどころ漫画的なのも良かったです。


アニメなのに、明日美子先生の神彩色がそのまま!!って感じがめちゃくちゃすごくて、佐条の髪とかカラーインクの滲みが再現ハンパなかった。あれテクスチャとかにしてるのかな…。
水彩基調な原作がアニメ化すると、動かす上でど〜しても所謂アニメ塗りにならざるを得なくて印象が変わってしまいがちなのだけど、同級生はそんな違和感もなく。

あと背景もすごい!!学校の瑞々しさとか、緑の色鮮やかさ、陽射しと影、雨の街とか、アニメだからこそ見られた景色だな〜と感動しきり。


ストーリーはほぼ原作通り。
【夏】【秋】【馬鹿と大馬鹿】【二度目の夏】の4部構成だったかな?


作画スタッフもすごいけど演出も負けておらず、アニメ映画ぽくないというか、うまく説明できないけど雰囲気に合ったオシャレな演出で、相合傘のシーン、草壁がア〜〜〜!と叫んで進路指導のシーンに切り替わるところは見所。

なにより、明日美子先生の描いた色気溢れるシーンもそのまま映像になってて興奮が止まらんかった。ちゅーの1つ1つもバラエティ(?)に富んでて、「二度目の夏」のキスシーンはエロすぎるし、進路指導のハラセンも本領発揮してるし。1人で見るの恥ずかしいな…と思ってたけど、友達と行っても恥ずかしかったぞ笑


恋のじれったさとか、ときめきとか、同性であるがゆえの葛藤とか、嫉妬とか、不安とかがいっぱいで、結末わかっててもハラハラ、胸がぎゅっとなったり…。

でもお互いの好き!て気持ちが画面のところどころにあって、アニメだからこそ映えるものもあって(照れた顔とか溢れる涙とか)、スタッフさんは本当に同級生が好きで、つくりたくて つくってくれた作品なんだな〜😂って感じたよ〜〜!各スタッフさん本当にありがとうございます!!!

まじめに、ゆっくり、恋をしよう。」ていうキャッチコピー素晴らしいなと思って。コミック時代からあったコピーだけど、しっかりとコピーに沿った素敵な映画でした。

願わくば、その先の彼らも観たいなあ。卒業生、空と原、O.B.…絶対毎回泣いてると思うけど……

円盤で観るのは、もちろん静かな部屋で1人でしっとり観れていいなあと思ってるけど(今から買う気満々)、大画面で彼らを観る価値はあります!!!迷ってる方は是非劇場で癒されてください……!